テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3315
スタッフブログ

2017.06.20

世界一の『傘大国』日本の弱点

皆様こんにちは。今回は、大阪よりモリコロがお届けします。

 

梅雨入りしましたが、大阪では雨がまだ降らず良いお天気な日々です。

皆様が住んでおられる地域はいかがでしょうか。

 

先日、とある記事が目に留まりました。

 

「世界一の『傘大国』日本の弱点」

確かに、海外にいくと多少の雨であれば、皆さほど気にしていません。

傘?そんなのいらないよと言われたこともあります。

それに対して、安価なビニール傘がどこでも手に入りやすい日本。

濡れることは美学と思わないのもあり、手持ちがなければ、

少しの雨でも傘を買うことが多いような気がします。

 

みなさんの家でも、気付いたら増えていませんか?ビニール傘。

 

でも、このビニール傘、先端を接着剤で固定していることが多く、

再利用にまわされず、そのまま埋め立て処分するのが現実のようなのです。

日本の総人口は約1億2693万人。それに対して傘の年間販売数は約1億3000万本。

すべてが使い捨てではないですが、日本に住む人全員が年に1回傘を買いなおしている計算です。

 

私も、忘れたときには、お気軽にビニール傘を買ってしまいますが、

地球の未来を考えたら、便利な「使い捨て」に頼りすぎることなく

生活しないといけないですね。

 

皆さんも、生活のひとつ改善するといいことが一つあるかもしれません。

皆でエコ生活、してみませんか?

2017.05.29

還暦の手習い

 嘱託1年生のYです。

 千葉県の東関東営業所に赴任して、13年が経ちました。昨年12月には定年を迎え、現在は嘱託社員として再スタートしています。

 

 還暦で人生一周りしたので、新しい事を始めようとあれこれ思案していましたが、去年の夏、孫といっしょに近所の稲毛海岸に海水浴に行ったときの事。若者たちが颯爽と風を受け、ウィンドサーフィンをしていました。

その中の一人の女性が、私たちの近くまで来てボードから降りると、「ああ、いい気持ち。」と言って、また乗ろうとしています。顔を見ると、ちょっと年配かなと思いながら、「すごいですねえ。」と声をかけると、「65歳から始めて、もう10年以上やってるからね。」とさらっと言い、またボードに乗り、風を受けながら、沖に向かっていったのです。

「えっ??75歳?うそやろ!」呆気にとられた私の脳内に閃光がピカッ!そうや、千葉はマリンスポーツのメッカやないか。家に帰り、さっそくネットで探し、シーカヤックとSUP(スタンドアップパドル)の体験コースに申し込み、9月にSUP、12月にはシーカヤックを初体験しました。どっちも面白くて迷ったけれど、近所にあったことと、とっつきやすそうなSUPに決め、今年の4月、稲毛海岸を拠点にしている「FANATIC」というクラブに入会。

今では、波の穏やかな日なら、スムーズに乗れるようになってきました。風が強いと厳しいですが。最初は初心者用の幅広ボードだったけれど、ちょっと乗れるようになったので、スピードのでる少し幅が狭いインフレータブル(空気式)ボードで練習中。波に乗る感覚はフワフワと不安定だけど、慣れると気持ちのいいもので、漕ぐのに疲れたらボードの上に寝そべって、ぼんやり空をみていると東京湾ということを忘れ、太平洋のど真ん中に浮かんでいるようで、最高にいい気持ちになります。

 

 SUPはここ5年くらいで急速に流行りだしたスポーツで、各地でレースあり、SUPヨガ、SUPフィッシング、リバーSUP、SUPサーフィンとバリエーション豊富なので、これから何をしようかとわくわくしています。

クラブのLINE仲間にも入り、他のメンバーのやり取りを眺めているだけで、SUPフリーク気分。海で遊んでいるせいか、薄くなった髪が金髪のようになり、ちょい悪じいさんの雰囲気。(本当は白髪染の色間違い・・・。)いつか、九十九里の大波でサーフィンしたいと、無謀な夢が果てしなく広がっている、房総(暴走)じいじでした。

2017.05.01

転勤

カテゴリー:日常 担当者:東海メンバー

東海地区のOです。

保守的な性格ゆえに変化が苦手で、焼きそばやお好み焼きは豚肉入り、中華は酢豚(パイナップル入り)、と食べ物も基本は定番物しか食べません。

そんな私ですが、H4年に入社して以来、名古屋⇔浜松の定期便みたいな転勤も含めて、気が付けば6回も転勤してきました。(名古屋→浜松→名古屋→浜松→東京→仙台→名古屋)

人見知りな性格もあって最初は胃が痛むほどストレスがありましたが、慣れは怖いもので最近ではストレスも少なくなってきました。

 

そんな中で最近感じた事は、転勤しなければ知ることのなかった、各地の素晴らしい景色、美味しい食べ物、素敵なお客様や協力業者さんとの出会い、多くの社内の仲間との出会いがなかったと思うとぞっとします。

まだまだ発展途上の自分ですが、転勤によって味わえた数々の経験が今の自分の成長につながっており、東京転勤以降は単身赴任になって、家族と過ごす時間の大切さ、嫁さんが何気にやっている家事の大変さを再認識出来て、家族に感謝できるようになったのも転勤のおかげと思えるようになりました。

昔は転勤したくないと駄々をこねた時期もありましたが、井の中の蛙にならなくてよかったと思える今日この頃です。

2017.04.14

常にケータイフル稼働の現代っ子

カテゴリー:日常 担当者:東海メンバー

こんにちは。

産業施設カンパニーちびっこクラブの切り込み隊長(自称)今年から名古屋営業課に配属になりました入社4年目のOです。

「ブログ何について書こうかな。」とケータイをいじりながら画面を見てふと「そういえば、いろんなアプリ入れてるな。」と思ったので、今回は私が使っているアプリについていくつかご紹介致します。(全て無料です。)

 

・Sleipnir ウェブブラウザアプリ

デフォルトで入っているSafariがなんかしっくりこなかったので入れました。

よく見るサイトが更新されると教えてくれてすぐ見れます。デザインも操作性も○。検索エンジンはYahooが標準なのが欠点。

 

・Yahoo!乗換案内  電車路線検索アプリ

もはや説明不要。休日はほぼ使っています。

 

・PrintSmash

ケータイ内のPDFデータをコンビニのプリンターで印刷するためのアプリ。

出先で「あ!あの資料忘れたぁぁぁ。」ってなっても事務のお姉さんにメールでデータを送ってもらえば何とかなります。

 

・SoundHound、Shazam 音楽検索アプリ

テレビやラジオから流れてくる音楽を聞かせれば曲名を検索してくれるアプリ。洋楽が好きな私には超便利アプリです。

SoundHoundの方は自分の生歌でも検索してくれるらしいですが私の歌唱力では無理でした…。

  

こんな感じです。

 

・歌っちゃお検索  音楽検索アプリ

こちらは生歌での検索専用ですがやはり私の歌唱力では……。

キーボードを弾いて演奏しての検索方法もありますが絶対音感はおろかオタマジャクシの全く分からない私にはうまく使えませんでした。

 

・ミライ工事

当社が開発した工事写真帳作成アプリ。現場での工事写真が簡単にまとめられるみたいです。実は入れただけでまだ使ったことないです。

以上です。

最近は動画系が流行りですね。撮った動画をスロー再生するアプリや顔認証して動物の鼻や耳を動画や写真に付けるアプリなんかが面白そうです。

アプリって自分で新しく入れたことが全くない人もいるかと思いますが、

ケータイの能力を最大限活用するために、自分好みのものを探してみてはいかがでしょうか。

2017.04.07

春よ来い♪

担当者:東北メンバー

入社26年目東北支店勤務のKです。

全国あちこち転勤していますが(大阪~台湾~大阪~札幌~仙台~北九州~さいたま~仙台)2回目の仙台生活を満喫しています。

前回の仙台勤務の時は東北6県をほぼ一人で担当しておりましたが、今回は二人体制で、主に北東北(青森・岩手・宮城)を担当しあちこちへ出向いています。

10日ほど前、青森へ出張に行ってきました。その日は東京で桜の開花宣言が出され、いよいよ春か~という雰囲気に世間はなっていたのですが青森はまだまだ冬でした。

 

到着した時は晴れていて青森にも春の気配を感じていたのですが、瞬く間に雲が空を覆い、気温もぐんぐん下がりはじめ、雪がどしどし降り始めたのです。

そんなことはさておき、出張の楽しみといえば各地の美味いもんを食べること。

青森へ行った時にちょくちょくお邪魔するこの海鮮料理のお店でランチです。

いつもは1000円の海鮮丼をいただくのですが、今回はブログ用に大奮発して特上海鮮丼にしてみました。

と言っても値段は1500円(税込)! 安くて美味い物が食べられるのも出張の楽しみですね。

はるばる青森まで来て良かった~と思える瞬間なのでした。

またブログを書く機会がありましたら各地の美味いもんでもご紹介していきたいと思います。

1 / 2212345...1020...最後 »