テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2015.09.11

プレ芸術の秋

カテゴリー:日常 担当者:関西メンバー

みなさま、はじめまして。大阪営業課の事務担当です。

 

早速ですが、先日念願のレゴランド@天保山にいってきました。

 

まずは、おおきなキリンがお出迎え。

まつげがばさばさでうらやましいです。リップはぬりすぎたのでしょうか?

 

 1440653427501

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、レゴランドは大人のみでは入場できません。

ブロックで思う存分遊びたいオトナもたくさんいると思うのですが、世界共通ルールだそうです。

今回は甥(4)、姪(3)が引率してくれたので無事におまけの大人たち5名も入場できました。

 

中に入ってみると、想像していたよりこじんまりしていますが

家にはない夢のような数のブロックに溺れるのが一番の目的のわたしは

ドラゴン退治のシューティングアトラクションにこども2名と付添いの大人たちを並ばせて

一路ブロックコーナーを目指します。

 

女の子のお部屋をイメージしたポップでかわいらしいコーナーや、

オリジナルの車を作ってコースで走らせることのできる人気コーナーはスルーして、

シンプルなブロックだけがおいてあるところでもくもくと大物作成に挑みます。

ドラゴンがこわかったと涙目になっていた甥も合流し、

自力で作品名『ながいおふね』をつくってご満悦。

うちの子天才!!と成長にうるうるしつつ、この日も伯母バカ爆発です。

 

 1440652786612

 

ご自身でのブロック製作には興味がないとおっしゃる方にも

ぜひ一度はみていただきたいのが大阪のジオラマです。

 

 1440653411500

 

昼から夜へとライトアップの演出があり、

つくりこみの細かさ・再現の正確さに何時間見ていても飽きません。

関西をよくご存じの方はあるある!!と笑ってしまったり、

観光でいらっしゃった方はまわりきれなかったスポットの雰囲気を感じられると思います。

つっこみどころもたくさんあるので、お気に入りのポイントを探すのも楽しいです。

 

 

一日中レゴの世界にいて、今年はブロックで芸術の秋に挑戦しようかな?

と創作意欲が刺激されるいつもと違った休日となりました。

 

今回体験した大阪(とお台場)のレゴランドは屋内型ですが、

2017年には名古屋港に日本初の屋外型テーマパークができるそうで

そちらも今から楽しみです!!

 

(参考)https://www.legolanddiscoverycenter.jp/osaka/

 

一覧に戻る