テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2017.02.10

愛読書のご紹介 ~東関東営業所Iの場合~

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

ペンネーム;東関東営業所I。

 

今回は私の愛読書を1冊紹介します。

暇人している時は、意外にも本を結構読んでいまして、ジャンルは色々読みますが、特に歴史小説が好きです。

例えば、司馬遼太郎、山岡壮八、吉川栄治などは有名どころですが、とても面白いですし、
どれも描く人物に魅力があり、坂本竜馬、伊達正宗は好きですね。
で、紹介したい一冊ですが、高橋克彦著作「炎立つ」です。

これは、平安時代から鎌倉時代までの東北地方蝦夷と後の奥州藤原氏との関係、滅亡までの話です。

何がいいかと言うと、登場人物である藤原経清(奥州初代藤原清衡の父)がめちゃくちゃかっこいいのです。
義に生きて、義に死んだ人ですが、生き様はもちろん、死に様が男です。

源頼義に錆びた刀で首を落とされながら笑って死ぬのですが、それまでに至るストーリーもあり、

三回は読みましたが、その度に感動しています。
もちろん歴史小説なので、史実に基づき作家の目線で脚色していますが、魅かれてしまいます。

また、その藤原経清と敵味方にもなる蝦夷の関係、源氏との関係、最終的に奥州藤原を興すまでの背景、源義経が何故、最後に奥州に身を寄せたのか。
この辺りの歴史の糸を解いていけるのも、この本の面白さです。

 

こういう話を妻にすると1/5くらいで興味ないと言われますが、

共感が出来る方は是非飲みながら、歴史小説談義をしたいと思います。

 

IMG_1472

一覧に戻る