テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2015.05.29

戌の日

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

 

みなさまこんにちは。

東京営業事務@妊婦です。

 

みなさん「戌の日」ってご存知ですか??

私は妊娠するまで知らなかったのですが、

 

戌の日の祝いとは

5ヶ月目に入った最初の戌の日に腹帯を締めて母子の健康を祈願するもので、

戌がお産が軽いことにあやかっていると言われています。

 

ということで、先日「鬼子母神(きしもじん)」へ安産祈願に行ってまいりました!!

 

鬼子母神は雑司ヶ谷(東京都豊島区)にあるお堂で、

その昔、子だくさんの鬼が栄養を付けるために人間の子供をさらって食べていたそうです。

それを見かねたお釈迦様が、鬼の子供を隠してしまったところ

鬼が半狂乱になり、そこでお釈迦様は

「多くの子を持ちながら一人を失っただけでお前はそれだけ嘆き悲しんでいる。

なら、数人しか持たぬ子を失う親の苦しみはいかほどであろうか。

今のお前にはその苦しみが分かるはずだ」と話し、自分の行いの過ちを悟らせたということです。

その後彼女は仏法の守護神となり、また、子供と安産の守り神となったそうです。

 

ちなみに鬼子母神の「鬼」の字は上の点がなく、角を亡くした鬼を表しているそうです。

 

さて前置きが長くなりましたが、

そんなこんなで安産祈願に行ってまいりました!!

 

当日は天気が良く、参道の大きな木の木漏れ日が心地よく

うきうきしながらお堂へ到着しました。

 

受付を済まし、早速祈祷をしてもらったのですが、

祈祷自体が初めての経験なので、周りをキョロキョロ。。。

沢山の絵や、お酒やお米などの奉納品。

これって、お坊さんが全部頂くのかななどと不謹慎なことを考えつつ、、、

名前を呼ばれてはっとしたり、、、

 

お坊さんの心地よい声に赤ちゃんも反応したようでお腹でポコポコ動いておりました!

 

そして最後に腹帯とお札を頂いて、安産祈願完了です。

 

時間にするとほんの15分程度ですが

神聖な空間で、母としての第一歩が踏み出せた(気がする)1日でした!!

 

 68ee2426b583c346a6fb3feff938e8ac

 

01j36104kishimojin640std

一覧に戻る