テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2014.09.19

物流総合展に行ってきました!

カテゴリー:太陽工業のこと 担当者:関東メンバー

 

初めまして東京営業課の田崎です。

今年の春から太陽工業に加わった入社1年目で、まだまだ至らない点ばかりですがなんとか頑張っています。

 

ところで私は先日9月9日、国際物流総合展を見学してきました。

まず国際物流総合展とは何かと申しますと国内唯一の物流専門の総合展であり、梱包材やフォークリフトなど現場で

活躍するツールからサードパーティロジスティクスの紹介まで物流に関するものは幅広く取り扱う企業展です。

東京ビッグサイトの4ホールを使って開催され、参加企業ブースはなんとその数418団体にも上るそうです。

 

当日は10時の開始に合わせて入場したのですが、入口から既に黒山の人だかりと集まった方々の熱気の程が伺えます。

そうして少し歩いて気が付いたのが、パレットやラック類を扱う企業の多さです。

これまで何気なく見ていたパレットも、これだけの企業で様々な使い勝手向上やコストダウンに挑んでいることを

知ると、ユーザーの視点・要望も見えてくるようでハッとさせられました。

物流に関するお客様の目線は当社にとっても重要!と、製品ごとにこれは何を意図していて現場の作業でどう扱われるのかと云々考えながら見て回りました。

 

そして数あるブースでも特に注目を集めていたのが、AIを利用した自動倉庫システムでした。

例えば目標さえ入力してしまえば機械が対象を探し効率的なルート上を考え運搬・分類してくれるシステムや、

音声認識を介して作業者の両手を自由にして使える情報端末、赤外線誘導で自律する無人フォークリフト等、

複雑な自律思考の発達が目を引きました。

また全体の作業スピードの高速化、使用に複雑な操作を要求しないといったユーザー目線が感じられ、

この先も技術の進歩が製品の狙いに上手く活かされていけば、広く普及していく日も遠くないように感じました。

 

今回初参加で感心しきりでしたが、このような方々に支えられて国内で物資が周っているのだと思うと

頼もしく感じるとともに、参加者の方々の真剣な眼差しに物流の一端に関わるものとして身が引き締まる思いでした。

 

 

私もお客様目線を大切に、製品ひとつにもその意図を考えて頑張っていきたいと思います。

 

IMG_0158

一覧に戻る