ブログ | テント倉庫・テントハウスの太陽工業株式会社

テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3315
スタッフブログ

2014.07.25

俺はミュージシャン ???

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

五十を過ぎるまで、仕事一筋でやってきた(つもり)ですが

定年を迎え 仕事が出来なくなった時、自分はどうしてるんだろう?

なんて ふと考える歳になっていました

 

そんな時テレビでBEGINのメンバーが

「世界一簡単なギター・一五一会」

を紹介していたのに食いつき、早速購入したのですが

まったく楽器の経験がない自分には弦の調整もできず

一週間もかからず箪笥の肥やしにしていました

 

女房からも邪魔だから処分してよ!なんて言われているころに

新聞で「5分で弾ける一五一会教室」の広告を見つけ

無料体験教室だけでもと参加したのがきっかけで

音楽ライフにどっぷりはまることとなりました

 

もともと お稽古事は小学生の時に

一日で逃げ出したそろばん教室以来  大嫌いな分野でしたが

通い始めると 普段は会話できない若者や女性と

同じテーマで話せる事が楽しく、

人前での演奏なんて絶対しないと思っていた自分が

気が付けば月一回の老人ホーム慰問や演奏会に参加し

とうとう 下北沢のライヴハウスで演奏するようにまでなってしまいました

 

楽器を弾いていれば歳なんか関係なくいろんな人と

本音で語り合える新しい世界を見つけたことで

週末には心がリフレッシュされ

日常業務では、新しいことにチャレンジしようとしている自分に気づいたとき

いい趣味に出会えた事に感謝しています

 

みなさん「50の手習いYEAH!」ですよ

やる気があれば まだまだ楽しい世界があなたを待っていますぜ!

 

北関東エリア担当者

 

 

写真 210502133_425760397565629_1187622111568884053_n

2014.07.18

杜の都にデトックス男現る。

カテゴリー:日常 担当者:東北メンバー

仙台の伊達男です。

S56生まれの男が興味のあることの1つについて綴ります。

その前に私のプロフィールを簡単に。。

 

営業職(担当エリア:青森県・岩手県・宮城県北部)

東北支店勤務3年目

身長180㎝

体重88kg

今まですんだ場所:神奈川県横浜市(18年)・伊勢原市(4年)、アメリカ ワシントン州シアトル、(1年)

         神奈川県横浜市(5年)シンガポール パヤレバ(1年)、宮城県仙台市(2年)

 

こんな私が今最も興味があるのがリラクゼーション(癒し)についてです。

 

営業職という仕事柄、車に乗る時間が長く、一定の姿勢をしていることもあり、身体に“ゆがみ”や高速道路の運転による目の疲労などが体に悲鳴を上げさせている1番の原因です。

 

そんな私が今最も注目しているのが台湾式リフレクソロジーとサウナ(ロウリュウ)です。

文字で書くとオッサンそのものですが、オッサンたちがこぞって行っているにはそれなりに理由があると思っています。

 

まず、台湾式リフレクソロジーとは

“足裏から膝下にかけての64の反射区を、指を使ってまんべんなく刺激し、施術を重ねるにつれて人間が本来持つ自然治癒力をアップさせ、病気に強い体を作ることができます”

 

足は第二の心臓といわれているのをご存知でしょうか。

足裏をグリグリとクリームと揉みすぎて指にタコができた強烈な手技で揉まれます。

まさにデトックス(解毒:老廃物が取り除かれる)されているのを感じ、最初痛くてしょうがなかった部分がだんだんとその痛みがなくなるということがあります。

“日々生活していく中で溜まっていく毒素を尿にして外に流す”そんな思想です。

興味を持たれた方は全国各地にサロンがありますのでご紹介いたします。

 

次にロウリュウとは

“加熱されたサウナストーンに水をかけることによって、大量の水蒸気を発生させます。発生した水蒸気は、大量の熱気と共にマイナスイオンを含んでいます。 発生した熱風をタオルなどを振って送ることにより、熱気と蒸気のパワーが室内に広がるのです。「ロウリュウ」は、新陳代謝が低下している方にも発汗作用を与えることができます。 大量に発汗することで、体の老廃物を取り除くことかできるのです。”

 

むちゃくちゃ熱い蒸気がサウナ内に充満し、超高温になり、汗が吹き出します。 それは店のスタッフの腕にもよりますが、そのサウナで一緒になった人たちとの一体感が不思議と沸き、 終了時には皆拍手でそのスタッフに感謝をするという不思議な空間が生まれます。

 

そのロウリュウと合わせて通常のサウナも好きで、10分程度+水風呂×4~5セットを週1回行っています。

こんなことを書いていたらサウナに入りたくなってきました(笑)たぶん1週間の老廃物が溜まってきているのでしょう。 そんなデトックスに夢中な33歳の伊達男でした。

以上

 

imagesCAJQU68BimagesCABFH8Z7

2014.07.11

環境放射能除染技術企業展2014への出展

カテゴリー:太陽工業のこと 担当者:関東メンバー

 去る7月3、4日福島県郡山市で開催された、同企業展に弊社環境施設課も出展しました。

 今年で三回目を数えるこの企業展は、技術を競い合う通常の展示会と異なり、各社の信頼性の高い 除染技術を結合して 「どのように安心・安全な環境を作れるか」 共に考えようという姿勢で 放射能汚染問題に何とか貢献したいと願う、50社を超える企業が参加しました。

 弊社は、短い納期・明るい内部空間を提供する災害廃棄物用飛散防止テントを出展、 迅速なる除染作業に少しでも貢献できればとの思いで参加させていただきました。

 二日という短い期間ではありましたが、出展者の放射能汚染問題に真摯に向き合う強い姿勢と、 来訪者の放射能に対する高い関心で場内は熱気に溢れていました。

 東北の被災地の方々に、少しでも早く心身共に安らげる平穏な日が訪れる事を心より切に願います。

 

産業施設カンパニー 環境施設課

目谷 裕之

目谷さん

2014.07.03

俺のことはカメシと呼んでくれ

カテゴリー:日常 担当者:東海メンバー

IMG_0001_NEW

 

はじめまして!

名古屋技術の亀嶋です。

 

ご存じない方も多いと思いますので

簡単に紹介したいと思います。

 

もともと名古屋地区で施工を担当しておりましたが、

2011年12月から業務委託により施工管理を行い

2014年4月より嘱託契約に変わり現在に至り名古屋技術でがんばっています。

なれないことも多いですが宜しくお願いします。

 

本題のスタッフブログですが

ブログなるものを発信したこともなく大変です。

 

私は以前犬を飼っていました。

ラブラドール・レトリバーを2匹です。

それはもう可愛がりました。

写真の大きいほうがオスのゴン太、小さいほうがメスのひまわりです。

毎日の散歩が欠かせませんでした。その喜ぶ姿を見ているとこちらも元気になります。

しかし、いつかお別れが来てしまいます。

ゴン太とのお別れは傍にいてあげられたのですが、ひまわりとのお別れは工事管理で

東北での長期出張中でした。泣きました…

また飼いたいとは思いますが、先にお別れしてしまうのでためらっております。

 

 

話は変わって「テント倉庫」に関する事を書きたいと思います。

テント倉庫と言う総称ですが確かにテントで出来た倉庫なのでテント倉庫になりますが

新しい総称を考えてみてはどうでしょうか?

愛称みたいな感じで。

「どんな?」って聞こえてきそうですがまだアイデアはありません・・・・・

浮かびましたら報告したいと思います。

 

こんな感じでいろいろ感じることを発信して行きたいと思います。

 

2014.07.02

2014FIFAワールドカップ考察

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

太陽工業㈱産業施設カンパニーのブログへようこそ。

 

34年間の太陽工業勤続年数より、はるかに長いサッカー歴54年を迎えます、

環境施設課の『サッカーじじい』でございます。

さて、ブラジル大会。スタジアムはそこそこ膜構造もあり、工期遅れ心配されながらも、立派に運営されているようです。

ここで私なりに、日本の1次予選敗退の原因解析と本日7月1日時点での最終優勝国予想を独断しようと思います。

ご無礼な点あれば、平にご容赦を。

 

さて、なぜ日本が1勝も出来なかったか?3つ挙げたい、

①    FWの決定力不足(世界の一流ストライカーは決定機を逃さない!)

②    DF・MFの球際があまりにも弱かった。(ちなみにキャプテン長谷部は高校の後輩)

③    守備のおそまつさ。連携・球際・フィードの不正確さ

以上が挙げられるが、個人的には過去最高のメンバーと思った今回の侍ジャパンのメンタリティの弱さが最大の原因と思います。

 

では、私の優勝国他順位予想はずばり! 1位 ドイツ、2位オランダ、3位アルゼンチン、4位ブラジル   です。 皆さんも予想してみてください。

決勝トーナメントを見ていると各国共、フィジカル、球際の強さ、プレースピード、シュート力

かつ、ファイティングスピリットが特に日本より断然勝っており、さすが!という感じですが

総合力でドイツ、オランダが優位かと私は予想します。

 

これから、決勝トーナメントを楽しむ皆様、プレーの他に、スタジアムのスタンド屋根膜構造も合わせて注視したくだされば・・・幸いです。

 

次回のロシアワールドカップには、すでに定年を迎えているので、スタンドで応援している私を見てください。

じじいを見てもしょうがないか?!

_h768_w1366_m6_ofalse_lfalse[1]