ブログ | テント倉庫・テントハウスの太陽工業株式会社

テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3315
スタッフブログ

2014.09.26

ブービーの人が次の幹事をするルールです

カテゴリー:太陽工業のこと 担当者:東海メンバー

はじめまして 名古屋技術の村上茂樹です。

先月、誕生日を迎え四捨五入すると50になり更におっさんに磨きがかかっています。

ところで私の出身は、関西ですが太陽工業に入社してからの勤務地は、

大阪勤務;7年、名古屋勤務;18年と名古屋勤務が随分長くなりました。

私の娘二人(小さい時はかわいかった)が名古屋弁をしゃべる前に・・・・と思っていましたが。

さて昔の私の趣味は、暇さえあれば毎日のようにパチンコに通うことでしたが、

今では仕事仲間に進められ、クラブを譲ってもらったこともあって、約2年前からゴルフに切り替えました。

現時点のスコアは、ブービーメーカーかブビーです。

悲しくも・・・ですがたまに気持ちのいい当りをするとすごく気持ちがいいものです。 仲間の足を引っ張らないように精一杯、走り込み楽しみたいと思っています。

少しでもスコアをあげようとクラブを新調しましたが、道具だけでは変わりませんでした。練習不足のせいか?

とりあえずの目標は、スコアをあげ順位を上げ幹事から脱却する事です。

みなさん、永い目で見守ってください。

 

2014.09.19

物流総合展に行ってきました!

カテゴリー:太陽工業のこと 担当者:関東メンバー

 

初めまして東京営業課の田崎です。

今年の春から太陽工業に加わった入社1年目で、まだまだ至らない点ばかりですがなんとか頑張っています。

 

ところで私は先日9月9日、国際物流総合展を見学してきました。

まず国際物流総合展とは何かと申しますと国内唯一の物流専門の総合展であり、梱包材やフォークリフトなど現場で

活躍するツールからサードパーティロジスティクスの紹介まで物流に関するものは幅広く取り扱う企業展です。

東京ビッグサイトの4ホールを使って開催され、参加企業ブースはなんとその数418団体にも上るそうです。

 

当日は10時の開始に合わせて入場したのですが、入口から既に黒山の人だかりと集まった方々の熱気の程が伺えます。

そうして少し歩いて気が付いたのが、パレットやラック類を扱う企業の多さです。

これまで何気なく見ていたパレットも、これだけの企業で様々な使い勝手向上やコストダウンに挑んでいることを

知ると、ユーザーの視点・要望も見えてくるようでハッとさせられました。

物流に関するお客様の目線は当社にとっても重要!と、製品ごとにこれは何を意図していて現場の作業でどう扱われるのかと云々考えながら見て回りました。

 

そして数あるブースでも特に注目を集めていたのが、AIを利用した自動倉庫システムでした。

例えば目標さえ入力してしまえば機械が対象を探し効率的なルート上を考え運搬・分類してくれるシステムや、

音声認識を介して作業者の両手を自由にして使える情報端末、赤外線誘導で自律する無人フォークリフト等、

複雑な自律思考の発達が目を引きました。

また全体の作業スピードの高速化、使用に複雑な操作を要求しないといったユーザー目線が感じられ、

この先も技術の進歩が製品の狙いに上手く活かされていけば、広く普及していく日も遠くないように感じました。

 

今回初参加で感心しきりでしたが、このような方々に支えられて国内で物資が周っているのだと思うと

頼もしく感じるとともに、参加者の方々の真剣な眼差しに物流の一端に関わるものとして身が引き締まる思いでした。

 

 

私もお客様目線を大切に、製品ひとつにもその意図を考えて頑張っていきたいと思います。

 

IMG_0158

2014.09.12

秋の夜長に読書はいかが?

カテゴリー:日常 担当者:関西メンバー

<

>大阪営業課の吉原です。

<

>9月に入り少しずつ少しずつ朝晩が涼しくなってきましたね。

<

>個人的には秋の気配が漂ってくるこの時期が1年の中で1番好きな季節なのですが、

<

>油断するとすぐ風邪をひく季節でもあるので皆さまも体調管理には十分お気をつけください。

<

> 

<

>さて、私は生まれも育ちも神戸、生粋の神戸っ子です。

<

>神戸出身ってなんかオシャレやねって羨ましがられたりするのですが、

<

>その実は六甲山の裏側、ギリギリ住所は神戸市。

<

>イノシシが出ます。

<

>毎年結構な頻度で雪が積もります。

<

>高校生になるまで電車は山を登るものだと思ってました。

<

> 

<

>そんな自然豊かな地で生まれ育った私ですが、

<

>高校卒業後は大阪の私立大学に自宅から通うようになります。

<

>通学時間は2時間!

<

>乗り換えがあるとは言え、電車に乗っている時間は暇で仕方がないんです。

<

> 

<

>そこで、2時間の通学時間を有効に使おうと始めたのが読書です。

<

>それまで年がら年中サッカーボールを追いかけていたので、

<

>本を読むという習慣は全くありませんでしたが、

<

>大学時代は毎日の通学時間を読書に費やし、たくさんの本を読みました。

<

>今では通勤以外のプライベートの時でもカバンに本が無いと落ち着きません。

<

> 

<

>どんな本を読んでいるかと言うと、もっぱら大好きなサッカーにまつわる書籍が多いのですが、

<

>流行の小説やノンフィクション小説など、興味のあるものはなんでも読みます。

<

> 
 

<

>最近読んだ本で印象に残っている本は「海賊とよばれた男(上)(下)」「楽園のカンヴァス」。

<

>内容については、これから本を読まれる方もいらっしゃると思いますので割愛しますが、

<

>どちらの本も読み進めるうちに物語にハマりこんでいき、

<

>読み終わった後は、爽快感を感じる反面、少し寂しい気持ちになる良い本でした。

<

> 

<

>本の良いところは、物語の登場人物も風景も読み手が自由に想い描けること。

<

>かっこいい主人公は渡部篤郎かな。ヒロインは広末涼子みたいな子かな。

<

>薄暗い会議室、お気に入りの飲み屋、火サス定番の岸壁、

<

>そんな自分勝手な人物像や風景を想像しながら読み進めていきます。

<

>同じ物語なのに読み手によって幾通りもの物語が生まれる。

<

>そんなところに魅力を感じて本を読み続けている気がします。

<

> 

<

>夏が終わって、気持ちのいい季節がやってきました。

<

>もちろん旅行やバーベキューなどで日頃のストレスを吹っ飛ばすのも気持ちいいですが、

<

>通勤時間や寝る前のちょっとした時間などに本の世界に浸るのも、

<

>良い気分転換になるのでオススメですよ。

<

> 
IMG_0423

2014.09.05

Forza Ferrari!

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

東京の瀬尾です。

“Formula One”という自動車レースをご存知でしょうか?

世界で一番早いマシンを使って、世界一速いドライバーは誰かを争う、世界自動車連盟が主催する世界選手権です。 今年は全19戦で争われ、そのテレビ視聴者は世界中に5億人以上いるといわれています。 マシンに付けるスポンサーのロゴマークも大変高価だといわれているビッグビジネスです。

今年も10月3日~5日まで、鈴鹿サーキットで日本GPが開催されます。フェラーリが不調なので・・・というわけではありませんが、仕事があって今年は行けそうもありません。 世界一のマシンとドライバーが集まるF1日本グランプリは、エンジン音を聞いているだけでもワクワクします。

 今シーズンから規定が大きく変わり、エンジンが3.0リットル自然吸気から、1.6リットルターボ+電気モーターのハイブリッドとなりました。ブレーキング時の運動エネルギーを回収するとともに、これまで捨てていた熱エネルギーを回収する装置が取り付けられた、新しいエンジン(今年からパワーユニットと呼ぶそうです)は、排気量が少なくなってただでさえ音が小さくなったのに、熱エネルギーが回収されるため、排気音がくぐもった小さな音になってしまいました。これまでのエンジンは、高回転で高出力なため、甲高い音でメーカーによって音が微妙に違いました。 シーズン直前のテストで音を聞いたとき、がっかりしました。音は大事な要素だったのです。

 昨年まではレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが圧倒的な速さでシリーズを制しましたが、今年は、メルセデスのハミルトンとロズベルグがシリーズを席巻しています。残念ながら、私の愛するフェラーリは調子が悪く、3番手に甘んじています。Forza Ferrari!

 

 F1は世界各地のサーキットで行われますが、そのサーキットに膜構造がたくさん採用されています。グランドスタンドの真っ白な屋根は、さまざまな形をしていて目を引きます。マレーシアのセパン、上海インターナショナル・サーキット、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットなどです。F1をはじめとするモータースポーツの華やかなイメージにぴったりの膜構造は、全世界のサーキットでこれからどんどん採用が増えてゆくでしょう。 では、おあとがよろしいようで。

 

写真1

 ↑上海インターナショナルサーキット

 

写真2

 

↑ヤス・マリーナ サーキット