テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3315
スタッフブログ

2018.06.22

みさき公園でテント倉庫を見つけた

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

名古屋支店のいーじまです。

 

1年ちょっと、産休&育休をいただき、5月に職場に復帰しました。

これもひとえに、会社と職場の皆様の協力あってのことだと思います。

どうもありがとう!

 

さて、休暇中は育児に専念しておりましたが、

今年のGWの帰省中に、『みさき公園』へ遊びに行った際、

たまたまテント倉庫を発見しました。


 

みさき公園といえば、大阪の南にある、小っちゃい子向けの地元動物園。

子どもが生まれたら、絶対行きたいと思っていた場所の一つです。

なぜこんなところにテント倉庫が???

 

・・・

 

実は、このテント倉庫、

「わくわく電車らんど」という体験施設になっているそうです。

http://www.nankai.co.jp/misaki/denshaland.html

 

さすが南海電鉄が経営しているだけあって、

大人気!ラピートの運転士体験ができるそうです。これは大変魅力的です。

 

倉庫のイメージが強いので、まさか工場以外の場所で見ることになるとは思いませんでした。

テント倉庫のさらなる可能性を見た気がしました。

 

 

 

みさき公園は、公園という名前ではありますが、

動物園のほか、イルカショーや遊園地も併設されている複合型レジャー施設となっております。

特に遊園地は、絶叫系の乗り物が全然ないので、小さいお子さんがいる方におススメです。

 

うちの子は初めてのイルカショーを観て、その迫力にビビッて泣いておりました笑

ちょっと前まで、動物見ても何にも反応がなかったんですけどね。

子どもって短期間で成長するから驚きますね。

自分も少しでも成長できるようにがんばろう、と子供から刺激を受けた一日でした。

 

おしまい。

 

 

2018.06.08

通過しないでください!

浜松のとのやんです。

浜松に着任して5年が経ちました。

最初は慣れずに落ち着きませんでしたが、気が付けば楽しんでおります。

実はなかなかの発見が有るのですが、東海道新幹線ものぞみ号は静岡県を通過し、新東名高速道路も西へ東へ急ぐ際には皆さん通過されているでしょうから残念です。

全国的には知られていない素朴な事柄がいっぱいあります。

そこで今日はその中のいくつかを紹介します。

 

この春、桜の咲く時期に藤枝市の内陸山手のお客様にテント倉庫を納入しました。

おだやかでのどかな山の春は何かと芽吹き美しいのですが、このお客様のさらに奥へ入るとあまり知られていないグラススキー場が有る山々。地元の人しか来ない静かな山々で良いのですが、このなかに天然の竹林の山も多いのです。この時期筍があちらこちらで生えています。時期が時期なので筍が道路端にでも無人販売されているほどですが、実はこの藤枝の筍は隠れた名食材です!都内の料亭にも出荷されるほど“えぐみがなくてやわらかい”のです。

試しに買って帰り調理しましたが、確かにやわらかくてえぐみがありません!

これは大発見でした。今年2回大きな筍を購入するほど、朝採りものは新鮮でしかも安いので感動しました。

また、地元の素朴なレストランが有り、筍ごはんはわかるのですが、筍コロッケまで登場。試しに食しましたが、時々筍かなという食感が面白かったのです。

観光客が少ないので少し心配しますが素朴な地域で私は大好きです。

もうシーズンは終了しましたが、是非、次の春には静かで穏やかな静岡県藤枝市に筍を求めてお越しください!


また、静岡県はみかんに重ねてイチゴの県でもあります。主に県の東部、中部が盛んですが、温暖な気候もあってあちらこちらでイチゴ狩りが楽しめますが、浜松市内でも有るのです。よくあるイチゴ狩りは予約が要るものですが、浜松の島野農園さんは、いつでも飛び込みOKのイチゴ園です。


http://shimano-nouen.sakura.ne.jp/

 

大人1,500円(時期により変動)でいやというほど、イチゴを楽しめます。

練乳を少しもらえるのですが、なくても十分甘くて大きなイチゴです。

これももうシーズンが終わりますが、次の春には浜松方面もいかがですか?

この島野農園さんの近くには、うなぎパイファクトリーと言い、ご存知うなぎパイの工場見学ができる施設

もあり、うなぎパイも入館記念にもらえますよ。

http://www.unagipai-factory.jp/

 

もちろん浜名湖もいいですよ。

 

ですので皆さん是非、通過せずにお立ち寄り下さいね!