テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2016.06.10

フレックス・シーリングファン & スズシェード

カテゴリー:製品 担当者:関東メンバー

暑さが日ごとに増してまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、この度は新アイテムを2点ご紹介です。

 

■フレックス シーリングファン

高く広い空間全体に、ゆったりとした風の流れをつくりだす、天井取付の大型ファンです。

熱中症予防・空調効率の向上・結露発生の抑制 に大きな効果があり、

「湿度の高い梅雨時期」や「熱中症になりやすい夏季」、「昼夜の温度差が激しい季節」に活躍します。

 

0001FLEX CEILING FAN DM(東ALL)裏-001

■スズシェード

日陰に風がそよぐ気持ちよさ、木陰の快適な涼しさのような効果を

屋根上にメッシュ素材のテント生地を設置することによってつくり出しました。

屋根に降り注ぐ太陽光を遮り、風通しの良い空間をつくることで、

屋根全体を日陰の状態に近づけます。

また、このシェードには、ロゴや文字をプリントでき、空から見える広告媒体としても活躍いたします。

 

SUZU SHADE-001

熱中症予防には、自分のいる環境の“気温”と “湿度”に気を付けることが大切です。

屋内といえど、屋根や外壁が直射日光に当たると室温はどんどん高くなります。

そして風が起きず、たまった空気の逃げ場も少ない室内は、その高まる室温をどうにもできません。

しかし、室内に空気の循環を作り出せば気流が生まれ、空気の流れは体温調整に効果をもたらします。

熱中症は重度になると死亡の可能性や、治っても後遺症の残る可能性のある怖い障害です。

建物のための日よけや室内の空調を整え、室内の温度・湿度を快適に保ち、熱中症予防を進めませんか?

2016.04.28

MakMax フレックスエクスペリエンスセンター

カテゴリー:製品 担当者:関西メンバー

ご無沙汰しております。

4月で入社2年目になりましたお菓子大好き男子です。

 

皆様、早速ですがタイトルにあります「MakMax フレックスエクスペリエンスセンター」とは何のことかお分かりでしょうか?

なんともカッコいい響きをしている名前ですが、これは当社大阪本社内に建設しております施設のことです。

今回は、この「MakMax フレックスエクスペリエンスセンター」について簡単にご紹介致します。

 

「MakMax フレックスエクスペリエンスセンター」とは、その名の通り体験型施設のこと。

通常は会議室等として使用しますが、当社の様々な製品をいつでも見学・体感して頂くことが可能な施設です。

まず建屋本体は、我がカンパニーの製品であるフレックスハウス‐ハイブリッドをベースに計画を進めてまいりました。

フレックスハウス‐ハイブリッドとは、従来、膜で屋根・壁すべて覆いますが、基本構造をそのままに屋根部分を膜で、壁部分をガルバリウム鋼板等で仕上げたまさに“新しい建築物”のことです。

膜と切板等の一般外壁材とを組み合わせることに由来してフレックスハウス‐ハイブリッドという名前が付けられました。まさに従来の“テント倉庫”の用途も仕様も進化した形と言えるでしょう!

「MakMax フレックスエクスペリエンスセンター」もまた壁が切板により質感の高く落ち着いたたたずまいとなり、屋根が膜により明るく広い空間を演出します!

 

現在の工事の進捗具合としましては、鉄骨の建て方・膜の展張が無事終わりましたところです。これからは外壁の仕上げ及び内装の仕上げに入っていき、今年の7月頃には竣工する予定です。内装等この後の工事にも当社の製品が随所に使用されます。

 

完成した暁には可能な限り多くのお客様にもぜひ足を運んでいただき、膜の素晴らしさ可能性を是非とも体感して頂きたく思っております。

出来上がるのが待ち遠しいですね!

 

以上、大阪よりお届け致しました。

次回の投稿にもご期待ください!

 

掘削時

↑ 掘削時

 

 

DSC_0076

↑ 土間コン完成

 

 

 

DSC_0121

↑ 鉄骨建方

 

 

膜展張

↑ 膜展張

 

 

 

続きは、こちらから ↓

第2回: http://www.tentsouko.com/blog/makmax_flex-experience-center2/

第3回: http://www.tentsouko.com/blog/makmax_flex-experience-center3/

 

2015.02.03

デモンストレーション

カテゴリー:製品 担当者:関東メンバー

東京の無頓着社員です。

休日は無頓着、平日はこだわりを持って仕事しております。

 

関東地方に雪が降った日に、遠方のお客様を伺いました。

雪の為、道中は空いていて快適なドライブでした。

 

 

この日は、“水銀灯のLED化”に向けてお客様の倉庫に実機を持ち込んで

デモンストレーションを行うために伺いました。

御担当と実際に作業をされるフォークリフトマンの方に体験して頂きました。

LED照明が取付けられた現場をご案内する事は多々ありましたが、

御使用予定の現場において実機を用いて御説明させて頂くのは初めてでした。

素朴な疑問や貴重なご意見を頂き、私の勉強にもなりました。

 

「現場」にこだわる事の大切さを改めて実感できた、良い日でした。

 

新型サイクロン写真

2014.06.13

汚れなカッター

カテゴリー:製品 担当者:関西メンバー

あべのハルカス               ← 新しい”大阪名物”アベノハルカス

 

旬な超高層ビル『アベノハルカス』のお膝元、大阪営業課 中木 厚です。

今後ともよろしくお願いいたします。

フレックスハウスの新オプションで壁汚れ防止機能のある水切りプレート、通称『汚れなカッター』が

今年に入りご採用数が急激に増加しています。

 テント倉庫YKKAP

     ↑赤丸部分が通称「汚れなカッター」

 

お客様からの壁の汚れに対するコンプレインに長年取組み、サッシュメーカーさんの御協力で誕生しました。

壁面の汚れは目の高さにある為、これを解決することで美観上商品価値がぐっと上がったと

お客様からも好評をいただいているオプションです。

今後もお客様の声に耳を傾け、よりスタイリッシュで高機能な商品創造に励んで行きます。

 

2 / 212