テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2018.12.21

伝説のリンク

カテゴリー:日常 担当者:東海メンバー

こんばんは。

今回も大澤剛は名古屋からお届けします。

晴れた11月某土曜日。

名古屋市大須の通称大須スケートリンク、正式には名古屋スポーツセンターというのです。

ここは伊藤みどりが技を磨いた伝説のリンクなのです。

今回も名古屋スキースノーボードクラブのオフトレとして訪れた。

カウンターには若人が二人、素人のようなやり取りをして中に入る。

目に入るのは年季の入ったロッカーと、真っ黒な床のゴムマット。

スケートシューズを履いて歩くので当然だろう。

入場料は大人1400円、レンタルシューズが400円で終日遊べる。

ロッカーは500円だが何度でも開け閉めできるロッカーもあった。

でも高かったので普通のロッカーに入れたら手袋を忘れ、500円おかわり。

リンクは白く広く、みな動いていた。

我もと思ったが「ワンポイントレッスンが200円」で受けることができた。

先生は若干二十歳、とてもハンサムである。

『何をしたいですか?』

レッスンにリクエストがあることにとても驚いた。

やりたいことを教えてくれるのだ。

「スピンがしたいです」

『…僕もできないです』

聞くと,先生の専門はアイスホッケー、ひたすら強い滑りの御仁である

「滑って止まれてバックで滑りたい」

『では止まるところから始めましょう』

レッスンが始まった。

 

みな額に汗しながらも滑って止まれそうだ。

相当な時間がたって先生は帰って行った。

とてもアバウトである。

リンクは陸上トラックと同じ左回りである。

とても速い流れもあるが大概が我々同じく優雅な時の流れである。

カラーコーンも滑っている。

自由なのだ。

リンク中ほどでは飛んだり跳ねたり回ったりしている。

未来の浅田真央がたくさんいる。

いまは「紀平梨花」か。

個人レッスンも多彩である。

お母さんがひたすら娘に指導をする姿は自然で美しい。

お母さん自らがお手本を示す姿はなおのこと,今でも気持ちは現役なのだ。

先生が指導をしている。音楽がWラジカセから大音量で流れてくる。

先生は見守っている。そしてストップウオッチを持っている。

「そこ!」

我々には皆目わからない。

専門が過ぎるとただただ感心する。

とてもきれいな先生だ。

ペアで腰に手を回し滑っている。

生徒は照れるのだろう、顔は近いが先生を直視できない。

「どこ向いているの。誰と滑っているの!」

顎をおさえ強制的に面前に直させる。

40後半のやせ気味の生徒は

「はい」

と顔を向けるがうつむき加減。

生徒の気持ちが痛いほどわかる。

先生はとても美しく、どうにも照れるのだ。

でも彼はどうしてレッスンを受けているのだろう。

これからどう頑張っても羽生君には追い付かないし、歳も過ぎている。

だが先生の厳しい指導を受けているだけで、僕は生きていると実感できるのだろう。

 

相も変わらずチビッコはぐるぐる回り、そばをビュンビュン通り過ぎていく。

ホッケーマンは一直線を行ったり来たり、エッジを利かせ何往復もリズム良く繰り返す。

カラーコーンを抱いた中国人観光客がわーキャー言いながらズルズル滑る

変わらぬ努力で後ろ向きに懸命に滑ろうとするわたしの姿があった。

 

昼過ぎに集まりかれこれ3時間、みなもう上がっているようでわたしだけがリンクに立っていた。

ダウンベストはグッショリ重く、ゲレンデ以上に充実していた。

リンクを後に街を歩く。

 

大須観音にお参りしインターナショナルな街だと再確認する。

商店街はきれいでにぎやか、どの店にも吸い込まれそうになる。

打ち上げ会場はあった。

が、通り過ぎた。

約束の時間には少し早かったからだ。

ライスコロッケがおいしそうだった。グラスに入った地ビールの写真にくらくらした。

席に座りコロッケとビールが運ばれてきたが、グラスはなかった。

「グラスは?」

『瓶のままご提供しています。コップならありますが』

プラスチックのコップで乾杯。

ぺこぺこ言わしながらもビールは旨い。

定刻になり会場へ。

待ちに待った“ワイン渡辺”

『乾杯!』

みな各々好みの料理と部長チョイスのワインとともに舌鼓。

やっぱり部活はいいねぇ。

今回思ったことがふたつあった。

ひとつは、

途中からバックをずっと練習していたがなかなか上達しない。

が、いつしか上級者が寄ってきて“ひょうたんを描け”とアドバイスをくれる。

劇的に上達する。

一所懸命取り組む人に、周りは必ず手を差し伸べる。

そしてもうひとつは、

未来の浅田真央ちゃんたちは明るい。

そしてみな例外なく細くて長い脚をもち、お尻が高い。

遠心力は重力をも超越する。

これからスキーシーズンである。

雪山が待ち遠しい。

ゲレンデのシャンパンも最高である。

 

2018.11.09

エキゾチック

カテゴリー:日常 担当者:東海メンバー

こんにちは、浜松営業課のMORINAGAです。

10月より大阪から転勤で、浜松での新生活がスタート致しました。

まだまだ慣れぬ事が多い日々、先日役所での諸手続を行う中、パスポートの有効期限がきれそうな事にも気付き、その更新手続きも一緒に行ってきました。

 

私は旅行が好きなので、今回はこのパスポートの思い出の中でも、印象的なスポット3つをご紹介したいと思います!

 

①ハンガリー ブダペスト

ハンガリーの首都ブダペストは街をニ分するようにドナウ川が流れています。

ブダ地区とペスト地区に分かれていますが、このブダ地区からの眺めが絶景でございます!

夜になると国会議事堂がライトアップされ、煌びやかな町並みを楽しむ事が出来ます!

この街を歩けば、まるでハンガリーの主人公になった気分を味わえます!

 

②イラン イスファハーン

 

世界の半分とも称されるイスファハーンは「イマーム広場」をご紹介致します。

広大な芝生広場の四方が、広大なモスクや回廊で囲まれており、市民の憩いの場となっております。

ゆったりとした雰囲気の中、シートを広げてチャイ飲んだり昼寝をするのが至福のひとときでございます!

迫力あるイスラム建築に豪華なアラベスク模様を一目見れば、イランにハマる事間違い無しです!

 

③ウズベキスタン サマルカンド

ウズベキスタンは今年のGWに訪問しました。

サマルカンドは別名「青の都」とも呼ばれ、街中に美しい建造物が点在しています!

その中でも「シャーヒズィンダ廟群」がダントツにブルーが際立っております!

ウズベキスタンは今年2月に観光ビザが緩和された事もあり、以前よりも行きやすい観光地となりました!

 

 

以上、3ヵ所をご紹介させて頂きました!

また機会があれば、時間を作って色んな所を旅をしてみたいと思います!

2018.10.12

モータースポーツ好きのブログ

カテゴリー:日常 担当者:東海メンバー

皆様こんにちは。名古屋営業課の「デラ盛野郎」(20代・男性)です。

さすがにデラ盛りばかり食べ過ぎて、配属から2年弱で約10kg太ってしまったので、減量中です。

 

前回は「鈴鹿サーキットが近くて素晴らしい」という興奮を記事にしてお届けしましたが、

あれから2年間で、モータースポーツ好きの私の環境は目まぐるしく変化したので、お伝えします。

 

 

 

☆クルマを買いました!!

トヨタ86です!もちろんMT車です。

峠やサーキットだけでなく、街中や流して走る道さえ楽しいです。

毎朝出勤前に朝日を浴びる86を眺めるだけで楽しいです。

帰宅時は暗くて見えないと思われがちですが、そのシルエットを眺めているのも楽しいです。

すでに4万kmも走ってしまいました。

 

 

☆カートを始めました

 

愛知県は自動車大国で、幸いなことにミニサーキット・カートサーキットが多いです。

休日に幸田サーキットなど、たまに出入りして走っております。

タイムは全然出せず残念ですが、手軽に始められて良い運動になります。

(ダイエットのモチベーションにもなります)

 

 

☆モータースポーツライセンスを取得しました

昨年冬、国内B級という入門ライセンスを取得しました。

講習会を受けるだけで良い、というものですので普通運転免許さえあれば誰でも取得できます。

厳密に言うとレースは出れず、タイムアタック系の競技のみです。

しかし、取得してそろそろ1年が経つ、というのにいまだに競技会に参加できておりません、、、反省。

 

 

☆レースゲームを買いました

私は人生の中で、最後の据置き型ゲーム機がNintendo64なので、実に17年ぶりにデカいの(PS4)を買いました。

ソフトは「グランツーリスモSPORT」で、発売前に予約してまで手に入れました。

最初は普通のコントローラで遊んでましたが、画面はリアルなのに手もと足もとは全くリアルではない、、、

なので!仕事・休日とハンドルを握っておりましたが、先月ついに!家でも握れるようになりました。

部品の消耗を気にせず、走りたいサーキットを走れるので、もう最高です。

もちろん、GTでもF1でも、鈴鹿サーキットを走るのが一番のお気に入りです。

 

 

そんな感じで、週末どころか毎日に楽しみを見出せるようになりました(笑)

多分次回の投稿もクルマにまつわる内容になるかと思いますが、お時間ある方はお付き合い頂けますと幸いです。

ありがとうございました。

 

 

2018.01.26

関西に遊びに行ってきました

カテゴリー:日常 担当者:東海メンバー

東海のおっさんです。

年末に家族とわんこ2匹と関西に遊びにいってきました。

1日目は道頓堀で久しぶりにお好み焼きを食べました、やっぱ大阪のお好み焼きは美味い!

スペシャルミックス、牛スジネギ焼きを賞味、他にたこ焼きもいただきました。


道頓堀川の景色は天気もよく気持ちよかったです。

今度は道頓堀川のとんぼりリバークルーズに乗ってみたいです。


泊りはわんこ連れなのでファミリーロッジ旅籠屋に宿泊。

この宿は3人目からは1人又はわんこ1匹増える毎に1000円UPだけでいいのでリーズナブルです。

わんこOKの部屋は限られているので早目の予約が必要です。

朝はミニクロワッサンやミニロールパン、コーヒー、オレンジジュース等のサービスが有ります。

夕飯はわんこがいるので近くのスーパーやコンビニでテイクアウトし部屋で食べました。

2日目は倉敷へ古い町並みを見学、何度来ても気持ちのいいところです。

天気が良かったのでわんこも大喜びでした。

2017.10.16

麗しのバンT

カテゴリー:日常 担当者:東海メンバー

はじめまして。

名古屋営業課、新入社員の阪本です。

 

7月に名古屋に転勤して気がつけば3ヶ月が経っていました。

 

23年間親の脛をムシャムシャと食べ続けた私にとって名古屋での生活は孤独と不摂生にまみれた毎日です。

 

そんな中、今回のブログ当番を任されてしまいました。

 

これといって人に自慢できる趣味も無く

「いったい何を書けばいいんだ・・・」と日々悶々と悩んでいたところ

知らぬ間に締め切りが迫っていました。

 

ところで皆様、

 

バンドTシャツ(以下バンT)というものをご存知でしょうか。

 

無駄にデカデカと描かれた髑髏マークや

何とも言えない表情で写るおっさん達

ゴチャゴチャしすぎてなんのこっちゃなモンスター等々

 

総じて「ダサいよね」って言われちゃうアレです。

 

しかしここ最近!!

 

若い女子を中心にメタリカTシャツが大流行!!

 

街中がメタリカTシャツを着た人で溢れかえっているのを見て

おじさんはとても嬉しかったのだ!! 

 

え?ユニ○ロのコラボキャンペーン?めっちゃニワカやないか!!

 

でもそんなことはどうだっていいのだ。

どうせ一曲も聞いたことないんやろうけど。

私もそんなに知らんし。

 

なにはともあれバンTが認められつつあるのは素晴らしいことなのです。

 

というわけで今回は私が名古屋でこそこそと収集していたバンT

いくつかご紹介したいと思います。

①NIRVANA

 

うっかりメタルブームを終わらせちゃった張本人。

気だるいサウンドとVo:カート・コバーンの気だるくも猟奇的な歌声に感化され、

高校生だった阪本君は受験勉強をやめてそのまま浪人へと変身するのであった。

NIRVANAのバンTは街中でもよく見かけますよね。

 

②SYSTEM OF A DOWN

日本では知らない人も多いバンドですが

2006年にはグラミー賞を受賞しているすごいバンド。

社会的かつ政治的な歌詞が多いですが

何を言ってるのかさっぱり分からないのでノー問題です。

バンTのデザインの意味もよく分かりません///

 

③マキシマム・ザ・ホルモン

三度の飯より飯が好き!!

中学生から今までずっと大好きなバンドです。

初めて生で見た時は登場曲が流れただけで号泣しました。

このバンドのグッズはとてもモノが良いのです。

何度も着ているこのバンTも色褪せ、抜けが全くありません。

ブラック系が多いバンTにとって色褪せは天敵なのです。

 

今回は割りとシンプルで着やすいものを紹介してみました。

確かにバンTの中には「さすがにこれは・・・」と言わざるをえないものもありますが

好きなものを着るのが一番だと私は思います。

意外に着てみると様になったりすることもあるので

やはり何事もチャレンジでしょう!!

 

 

 

1 / 512345