テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2017.05.29

還暦の手習い

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

 嘱託1年生のYです。

 千葉県の東関東営業所に赴任して、13年が経ちました。昨年12月には定年を迎え、現在は嘱託社員として再スタートしています。

 

 還暦で人生一周りしたので、新しい事を始めようとあれこれ思案していましたが、去年の夏、孫といっしょに近所の稲毛海岸に海水浴に行ったときの事。若者たちが颯爽と風を受け、ウィンドサーフィンをしていました。

その中の一人の女性が、私たちの近くまで来てボードから降りると、「ああ、いい気持ち。」と言って、また乗ろうとしています。顔を見ると、ちょっと年配かなと思いながら、「すごいですねえ。」と声をかけると、「65歳から始めて、もう10年以上やってるからね。」とさらっと言い、またボードに乗り、風を受けながら、沖に向かっていったのです。

「えっ??75歳?うそやろ!」呆気にとられた私の脳内に閃光がピカッ!そうや、千葉はマリンスポーツのメッカやないか。家に帰り、さっそくネットで探し、シーカヤックとSUP(スタンドアップパドル)の体験コースに申し込み、9月にSUP、12月にはシーカヤックを初体験しました。どっちも面白くて迷ったけれど、近所にあったことと、とっつきやすそうなSUPに決め、今年の4月、稲毛海岸を拠点にしている「FANATIC」というクラブに入会。

今では、波の穏やかな日なら、スムーズに乗れるようになってきました。風が強いと厳しいですが。最初は初心者用の幅広ボードだったけれど、ちょっと乗れるようになったので、スピードのでる少し幅が狭いインフレータブル(空気式)ボードで練習中。波に乗る感覚はフワフワと不安定だけど、慣れると気持ちのいいもので、漕ぐのに疲れたらボードの上に寝そべって、ぼんやり空をみていると東京湾ということを忘れ、太平洋のど真ん中に浮かんでいるようで、最高にいい気持ちになります。

 

 SUPはここ5年くらいで急速に流行りだしたスポーツで、各地でレースあり、SUPヨガ、SUPフィッシング、リバーSUP、SUPサーフィンとバリエーション豊富なので、これから何をしようかとわくわくしています。

クラブのLINE仲間にも入り、他のメンバーのやり取りを眺めているだけで、SUPフリーク気分。海で遊んでいるせいか、薄くなった髪が金髪のようになり、ちょい悪じいさんの雰囲気。(本当は白髪染の色間違い・・・。)いつか、九十九里の大波でサーフィンしたいと、無謀な夢が果てしなく広がっている、房総(暴走)じいじでした。

2017.02.24

仕事以外に・・楽しい事②

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

2回目のお話しの東京営業課石原です。

 

前回は、マラソンのお話しさせていただきました。

(前回の投稿はこちら→http://www.tentsouko.com/blog/ishihara-k/ ‎)

今回は、登山の話しさせていただきます。

 

毎年、マラソン仲間(私よりも先輩方です。)で夏山登山しています。

2・3日の予定で2,500~3,000m級の山々山小屋に泊り縦走しています。

 

高い所苦手な私ですが、登山していると晴れていると景色が爽快な気分なり

いい時間となり毎年楽しみにしています。

 

今まで登山した山

奥穂岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、常念岳、剱岳、日光白根山、雲取山 その他もろもろ。

・関東近郊の山も行っています。

特に高尾山は毎年2回は陣馬山まで縦走します。

 

剱岳 下山中に取った写真です。

これが 剱岳の全景です。

私のベスト写真の1つ  写真にある山小屋(赤い屋根)一泊し登頂。

 

無題

 

皆さんも、 登山いかがでしょうか・・・

2017.02.10

愛読書のご紹介 ~東関東営業所Iの場合~

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

ペンネーム;東関東営業所I。

 

今回は私の愛読書を1冊紹介します。

暇人している時は、意外にも本を結構読んでいまして、ジャンルは色々読みますが、特に歴史小説が好きです。

例えば、司馬遼太郎、山岡壮八、吉川栄治などは有名どころですが、とても面白いですし、
どれも描く人物に魅力があり、坂本竜馬、伊達正宗は好きですね。
で、紹介したい一冊ですが、高橋克彦著作「炎立つ」です。

これは、平安時代から鎌倉時代までの東北地方蝦夷と後の奥州藤原氏との関係、滅亡までの話です。

何がいいかと言うと、登場人物である藤原経清(奥州初代藤原清衡の父)がめちゃくちゃかっこいいのです。
義に生きて、義に死んだ人ですが、生き様はもちろん、死に様が男です。

源頼義に錆びた刀で首を落とされながら笑って死ぬのですが、それまでに至るストーリーもあり、

三回は読みましたが、その度に感動しています。
もちろん歴史小説なので、史実に基づき作家の目線で脚色していますが、魅かれてしまいます。

また、その藤原経清と敵味方にもなる蝦夷の関係、源氏との関係、最終的に奥州藤原を興すまでの背景、源義経が何故、最後に奥州に身を寄せたのか。
この辺りの歴史の糸を解いていけるのも、この本の面白さです。

 

こういう話を妻にすると1/5くらいで興味ないと言われますが、

共感が出来る方は是非飲みながら、歴史小説談義をしたいと思います。

 

IMG_1472

2017.02.06

北海道新聞に掲載されました

カテゴリー:製品 担当者:関東メンバー

先日、北海道岩見沢市のトッキュウ様へ納めたテント倉庫が、北海道新聞に掲載されました。

弊社の名前は出ておりませんが、このように掲載いただき大変感謝しております、ありがとうございます。

 

テント倉庫は、積雪地域でも対応が可能です。

検討されている方、是非お問合せください。

 

→お問合せ先 tel:03-3714-3315

 太陽工業株式会社 産業施設カンパニー 問合せ窓口

 

・「北海道新聞2017年1月19日掲載」

 

 

 

DSCF1448 DSCF1476 DSCF1478 IMG_0699

2017.01.13

活字中毒者の独り言

カテゴリー:日常 担当者:関東メンバー

 皆さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

私もサラリーマン生活で35回目の正月を無事迎えることが出来ました。

(無事といっても、生活習慣病に腰痛・ひざ痛etc.と満身創痍ですが、)

 

 今回は私の一番の趣味である、読書について少しお話させていただきます。

「読書!?」「本当はゴルフ・ギャンブル・カラオケ・夜の町探索やろ!」

 

私を知る人からは、このように認識されているかもしれませんが、後者はあくまで、”日本の正しいサラリーマン”になる為に覚えた物で、いわば仕事の一環に過ぎません。

 

 小学生ごろから、かぎっ子(若い人にはわからない言葉かも)だった私は、一人留守番をしながら本を読むことが多く、いまだ読書の習慣が続いています。

 

 現在は、さすがに純文学を読むことはなくなりましたが、それ以外はさまざまなジャンルの本を読んで楽しんでいます。いいかえれば、ちょっとした活字中毒で、読む本がなくならないように、節操なく本を買い続けています。

 

 通勤時間や出張時の移動時間に手に取る本がないと落ち着かずに、評判も知らずに手当たり次第に購入してしまい、20頁ぐらいで投げ出すこともしばしばです。

 

 幸か不幸かわかりませんが、通勤時間や出張時の移動時間がたっぷりあるため、読む時間にはこと欠きません。

 

 特に東京勤務になってからは、通勤時間が片道1時間弱とたっぷりと時間があるため、ここ10年間月に7,8冊、年間100冊程度は読破しています。

 

 今思えば、この時間を語学の習得や、自己啓発本やビジネス戦略書に充てていれば、”立派な国際派ビジネスマン”に近づくことが出来たのかもしれませんが・・・・”日本の正しいサラリーマン”の方がとても楽しいので、あいかわらず「娯楽本」一辺倒です。

 

 何冊か、近々読んで面白かった本を以下に紹介します。

(自分の好きな本を紹介するのはちょっと恥ずかしいですが・・)

 

本