テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2015.05.01

苦節13年、南館復帰

カテゴリー:太陽工業のこと 担当者:関西メンバー

月日がたつのも早いもので、このブログで自分の番が廻ってくるので「何かネタを繰らないと…」と思い「陽光の輝く風景」でも、と思ってましたがこのところ土日は雨降りやラグビーで結局なにもできずに、ギリになってしまいました。

わたくし昔、沖田浩之と呼ばれた面影もなくなった大阪のおっちゃんです。

 

どうしようかと考えながら昨日家に帰りますと、たまたま家内が読み直していた吉野弘さんの詩集『贈るうた』が置いてありまして(さすがわが嫁)、「この中の詩を紹介したろ!」と思ったものの「安直やな~」と思いなおし、もう一ネタの新事務所(大阪本社南館3F)の紹介をします。

 

時は20世紀末、当時、地域事業制で、営業、技術、設計部隊は大阪本社の南館に集約されてました。2002年下期、製品事業ごとのカンパニー制となり当CPはバブル崩壊後、長期にわたって事業環境が厳し状況が続く中、南館に留まる事を許されず、唯一営業部隊として本館4Fに移ったのです。 今年の組織変更で工事部隊が南館に移り、営業部隊もそれに伴い南館3Fに戻ることになったのです。

 

苦節13年、今年2月末に引っ越しした久々の南館で感じるのは、とにかく広く、天井も高く、解放的です。

机も入社以来同じものを使ってましたがこの度変わりました。 (トップはウッド調、名古屋支店と同じです) 什器は変わりませんが、全体的に明るい事務所になりました。

 

Good:全体的に白が基調で明るい感じ!営業と設計、管理それぞれ2.7mでゆったり~

 

 写真2

 

 営業バーチカルは少し余裕が持てました。

 

 

写真3

 

 白い丸イスこれが以外とイイスゥ

 

 

 

写真1

 

 打合せテーブルはオシャレなオレンジ

 

 

しかし、いい事ばかりではありません。移った当初は、まだまだ寒く、どこからか隙間風を感じ、バーチカルを開けるとそこから冷気が吹き出てきます。そして今日この頃、外気温と同等以上に暑いのです。聞いてはいましたが、聞きしに勝る環境です。

 

エアコンに頑張ってもらわないといけませんが、限界がありますよね… 「環境改善企業」を標榜する当CP。問題解決、ソリューション営業、誰か助けて~ これからどんどん暑くなるのに現状把握ばかりでなく、どうにかしないと…あきまへん!

 

神様にも引っ越ししてもらいました。CP発足当時から大阪の中央区にある難波神社への初詣は年中行事です。安全は上津神社です。 お札の下には「行動宣言文」とお客さまからの感謝状が… たくさんの「ありがとう」を今年も頂きたいですね!

写真5 写真4

 

 

冒頭にもどりますが、吉野弘さんの「祝婚歌」は結婚式でよく引用され知られてますが、普通に読んでも営業マンがお客様と向き合うとき、あるいは人が生きる上でも非常に共感できる詩なので是非一読ください。

 

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/4650/sub1-1.html

 

景気も上向き仕事もおかげさまでまずまずです。こういう時こそ原点に立ち返り仕事にも、お客様にも真摯に謙虚にありたいと思います。

 

最後までご一読頂きありがとうございます。 南館3Fも暑くなりますが、皆さんご自愛ください。

 

 

2015.04.24

チューリップ

カテゴリー:日常 担当者:関西メンバー

ブログ名:コーゾー

 

みなさまこんにちは。

1990年に大阪で「国際花と緑の博覧会」(花博)が開催されたことはご存知でしょうか?

その跡地が鶴見緑地という緑地公園になっており時々ふらっと出かけます。

 

先日行ったときに、『風車の丘』で見事なほどにチューリップが咲いていました。

写真は4月11日に撮影したものですが、春らしい中々の眺めで皆さんも写真を撮っておられました。

チューリップが咲いている期間は短いので見ることができたのは運が良かったと思います。

 

1990年の花博開催中にも何回か行きましたが、

その頃あったパビリオンは今はなくどこに何が建っていたのかも分かりません。

 

しかしながら先ほどの風車や『咲くやこの花館』(植物園)などは当時の姿で残っており、

花博の名残を伝えています。

因みに入館料は必要ですが、咲くやこの花館は植物園として今も営業を続けています。

 

派手な乗り物などはありませんが、好きな場所のひとつです。

 

画像1 画像2

 

 

2015.03.27

そうだ、京都行こう。~わたる編

カテゴリー:日常 担当者:関西メンバー

ブログ名:わたる

 

まだまだ寒い日が続いております。

 

埼玉出身の私が大阪に勤務して早半年が過ぎました。

最近は立地を最大限利用しようと、観光地として有名な京都に友人とよく行きます。

 

先週末には世界遺産としても有名な清水寺での夜のご拝観に行ってきました。

予報は晴れ時々曇りから一転して雨。

前日の天気予報を見ながらどうする、どうすると友人達が戸惑っているものの、

一度決めた計画を変更するのは何となく悔しい。

私も悔しいので、雨のなか眺める京都もまた風流だ、雨なら人がいないのだから歩きやすいなどと

意味の分からない説得を繰り広げ、結局雨天決行となりました。

 

一行がバスの停留所で降りると、雨がしとしと降り、空気も冷たく、しかしそこは風流な京都。

というより、寒い。

人はまばらというよりは、真に人がまばら。

それでもここまで来たのだから、とにかく坂を上り、拝観料を支払い、清水寺境内へ。

靴までびしょびしょになりながらたどり着いたさきから見下ろせたものは、

ぼやけた京都タワーくらいという情けなさ。

 

風流なんて言わなきゃよかったな。 二月の雨の中を歩き回るのはなかなか辛い。

 

悔しさで下手に行動をしてしまったことに反省をしているところ、

同行した友人がフェイスブックに清水寺の写真を上げて一言。

 

「雨の中で見る京都は風流で超キレイ♪」

 

言葉に影響されやすい友人達で本当によかったな。

いい友人に恵まれた。

 

そう思えた心温まる小旅行でした。

 

清水寺 清水寺2

2015.03.13

最高の列車 トワイライトエクスプレス

カテゴリー:日常 担当者:関西メンバー

みなさま、はじめまして。大阪よりモリコロがお届けいたします。

 

突然ですが、『トワイライトエクスプレス』という電車。皆様ご存知でしょうか?

2015年3月12日出発をもって終了する、大阪-札幌を結ぶ日本最長の寝台特急です。

テレビなどで、『発売と同時に完売!』『ヤフオクで100万円突破!』と

耳にされた方もいらっしゃるかもしれません。

 

てっちゃん(鉄道オタク)の父を持つ私。そのDNAを継いでない訳がありません。

ラストランが近い、この列車に何とか乗りたい!

JRの切符は1か月前の10時より発売開始と決まっているので、何度もトライし、手に入れました♪

 

通常旅行は、仕事などのスケジュールを考えて日程調整するものですが、今回ばかりは運任せ。

もちろん、よっぽどな日は抜かしていましたが、それでも、列車に自分の予定をあわすという、

迷惑千万な旅行の立て方にも関わらず、優しい先輩の心遣いのおかげで、列車の旅を楽しんできました。

 

大阪駅は、乗客だけでなく、別れを惜しむように集まった人たちでごった返し、写真を撮るのも一苦労。

列車にカメラを向ける人に優越感を感じながら、客室へ。(特急券を持ってなければ、内部の撮影はできません)

 

カメラ片手に、22時間。

余すことなく、豪華列車の旅を堪能しました。

残念ながら、日本海に沈む夕日は見れませんでしたが、雪が降り積もり、朝日に照らされ、

きらきらと光る雄大な北海道を感じ走り抜ける景色は素晴らしかったです。

 

また、狭い客車で出されるお料理は感動もので、ランチは、カレーやシチュー・オムライスなどの軽食を。

ディナーは事前予約制のフルコースディナー。朝もカジュアルブレックファーストが楽しめます!

使い捨ての食器は一切使っていないので、優雅な気分で食事を頂け、

料理人の手際の良さに感服するばかりでした。

 

北海道へ行く列車は、これにて終了となりますが、

2017年春には、「トワイライトエクスプレス 瑞風」が山陰地方への周遊型寝台列車として運行予定です。

設えがどのようになるかわかりませんが、2年後を楽しみにしたいと思います。

 

 CIMG0282

 

CIMG0351

 

CIMG0393

2015.01.16

癒しのレストラン

カテゴリー:日常 担当者:関西メンバー

関西メンバーの営業マン、スナフキンと申します。

 

僕にとって、営業中の一番の楽しみはランチです。

 

思えば、長い間ボッチ食べをしておりますが、一日の内の3分の1の食事ですから

 

コンディションを整える意味でも、ランチは重要だと思います。

 

 

今回は岡山県の津山市にある、僕の隠れ家的存在のお店をこっそり紹介いたします。

 

お店の名前はご勘弁くださいね。 津山の自衛隊の少し手前とだけ言っておきます。

 

ここでのひと時は本当に癒されますし、ママさんも美人で、たまに手伝う娘さんも美人

 

なので、津山で仕事があるときは行くようにしています。

 写真

この写真が日替わりランチです。津山の野菜をふんだんに使っていて大満足です。

2写真

 

食事の最後にコーヒーとデザートが付きます。

 

これで650円と格安です、

  3写真

 

外には、休憩所(喫煙所)もあり、ここでのランチの後はガンバローという気にさせられます。

 

皆さんも津山に行く機会がございましたら、探してみてください!