テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3317
スタッフブログ

2016.04.28

MakMax フレックスエクスペリエンスセンター

カテゴリー:製品 担当者:関西メンバー

ご無沙汰しております。

4月で入社2年目になりましたお菓子大好き男子です。

 

皆様、早速ですがタイトルにあります「MakMax フレックスエクスペリエンスセンター」とは何のことかお分かりでしょうか?

なんともカッコいい響きをしている名前ですが、これは当社大阪本社内に建設しております施設のことです。

今回は、この「MakMax フレックスエクスペリエンスセンター」について簡単にご紹介致します。

 

「MakMax フレックスエクスペリエンスセンター」とは、その名の通り体験型施設のこと。

通常は会議室等として使用しますが、当社の様々な製品をいつでも見学・体感して頂くことが可能な施設です。

まず建屋本体は、我がカンパニーの製品であるフレックスハウス‐ハイブリッドをベースに計画を進めてまいりました。

フレックスハウス‐ハイブリッドとは、従来、膜で屋根・壁すべて覆いますが、基本構造をそのままに屋根部分を膜で、壁部分をガルバリウム鋼板等で仕上げたまさに“新しい建築物”のことです。

膜と切板等の一般外壁材とを組み合わせることに由来してフレックスハウス‐ハイブリッドという名前が付けられました。まさに従来の“テント倉庫”の用途も仕様も進化した形と言えるでしょう!

「MakMax フレックスエクスペリエンスセンター」もまた壁が切板により質感の高く落ち着いたたたずまいとなり、屋根が膜により明るく広い空間を演出します!

 

現在の工事の進捗具合としましては、鉄骨の建て方・膜の展張が無事終わりましたところです。これからは外壁の仕上げ及び内装の仕上げに入っていき、今年の7月頃には竣工する予定です。内装等この後の工事にも当社の製品が随所に使用されます。

 

完成した暁には可能な限り多くのお客様にもぜひ足を運んでいただき、膜の素晴らしさ可能性を是非とも体感して頂きたく思っております。

出来上がるのが待ち遠しいですね!

 

以上、大阪よりお届け致しました。

次回の投稿にもご期待ください!

 

掘削時

↑ 掘削時

 

 

DSC_0076

↑ 土間コン完成

 

 

 

DSC_0121

↑ 鉄骨建方

 

 

膜展張

↑ 膜展張

 

 

 

続きは、こちらから ↓

第2回: http://www.tentsouko.com/blog/makmax_flex-experience-center2/

第3回: http://www.tentsouko.com/blog/makmax_flex-experience-center3/

 

一覧に戻る