テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

電話番号03-3714-3317

システム建築

FLEX 2 フレックス2

システム建築とは

テント倉庫よりも頑丈で在来工法よりも早く、安い!

システム建築とは、建物の部材を徹底的に標準化することで品質を安定させシステム化し、コスト軽減や工期短縮を図った建築工法です。
テント倉庫よりも頑丈で、在来工法よりも早く安く建てたいときにシステム建築を用います。

ここでは太陽工業が取り扱うシステム建築についてご紹介しています。

システム建築のイメージ
システム建築の特徴
  • 特徴①
    最大無柱スパン60mを実現
    最大無柱スパン60mを実現

    構造解析ソフト(Scapy3D)でフレーム断面を算出。超高層ビルや橋梁で用いる高張力材を採用することで最大無柱スパン60m、中間柱有りで最大120mの大空間を実現しました。

  • 特徴②
    短納期で低コストを実現
    短納期で低コストを実現

    屋根と母屋がフレームと一体化した合理的な構造を採用することで低コストを実現。また、エンドプレートによる現場接合方式や部材点数を最小限に抑えることで工事のスピードアップと同時に施工精度向上も実現しました。

  • 特徴③
    屋根断熱性能はALCの約2倍
    屋根断熱性能はALCの約2倍

    屋根パネル(SSルーフ)+Yマット(表皮材つきグラスウールマット)は、折板+結露防止用裏貼り材の費用とほぼ同等の低コストで、ALC100mmの約2倍にもあたる高い断熱性能を有します。

  • 鉄骨フレーミングシステム

    板厚4.5mm~19mmを主体とした高張力鋼鈑(SM490A)を使用。Web8mm以下は、片側すみ肉溶接されたテーパーH型断面を基本としています。リジットフレーム、連続フレーム、差掛フレームの3形状のフレームの組み合わせで切妻形状を基本に構成されます。

    鉄骨フレーミングシステムイメージ
  • 屋根ルーフシステム

    大きなスパンや積雪用に最適な耐久性の高いSSルーフ。経済性・施工性・水密性・耐久性に優れた特殊専用ファスナー採用のPXルーフ。どちらもガルバリウム鋼鈑を採用し、パネル施工時の損傷防止機能を高めています。

    屋根ルーフィングシステムイメージ
  • 外壁ウォールシステム

    ガルバリウム鋼鈑を採用した意匠性のあるVリブウォールと断熱性の高い難燃性硬質プラスチックフォーム充填のYヴァンドの2種類から選択が可能。外装のデザインを決めるカラーバリエーションも豊富です。

    外壁ウォールシステムイメージ
太陽工業のシステム建築「FLEX2」

規模・用途に合わせてフレキシブルな活用が可能!
恒久的な施設設備に最適なシステム建築

フレックス2は、通常のテント倉庫の高耐久性をさらに延ばすシステム建築シリーズです。部材選定をシステム化することにより、目的と用途に応じたさまざまな組み合わせパターンを実現し、「経済性」・「機能性」・「施工性」の3つの特性をバランス良く兼ね備えた新時代の保管システムです。規模・用途に合わせてフレキシブルにご活用ください。

FLEX2イメージ

\相談・ご質問はこちら/

この製品について問い合わせる

\ご購入を検討している方はこちら/

この製品について見積もりを請求する
システム建築に関するよくある質問
  • システム建築は具体的にどのようなことを実現していますか?
    システム建築は、「低価格」「高品質」「短納期」を実現することができます。徹底的に標準化した部材を使用することで、迅速なご提案や見積対応が可能となります。また、現場加工を極力少なくすることで、熟練工がいなくても高いクオリティを維持しながら建設が可能です。
  • システム建築とプレハブ建築の違いは何ですか?
    どちらもあらかじめ部材を規格化・標準化し、工場で生産した部材を現場で組み立てるところに大きな違いはありません。ただし、設計の自由度における違いが大きく異なります。プレハブ建築は、寸法や部材などほとんどが決められており、一定品質の面では優れていますが、デザイン性や耐久性において劣ります。一方でシステム建築は、個別の建物ごとの一定の約束事に従って設計と製作を進めていく本格的な建築物です。コンピュータの高度な処理能力・構造設計により、断熱や遮音に優れており、天井走行クレーン設置なども可能です。システム建築は、プレハブ建築に柔軟性をプラスした品質の高い建築工法となります。
  • 地震・台風・雪に強いですか?
    建設地の建設条件に合致するよう、建物毎に構造設計を行うため全く心配はありません。システム建築は徹底した標準化により、部材や各部の納まり・施工の品質差を無くし、安定した高品質を実現できるため、耐久性・耐震性に優れております。また、最大積雪深250cmの豪雪地域でも建設可能です。
  • 屋根・外壁に使用されるガルバリウム鋼板とはどのような材料ですか? 耐久性は?
    鉄をベースに、アルミニウム・亜鉛・シリコンからなる金属メッキ加工を施した建材です。特徴として、高い防錆性能を誇ります。亜鉛が自ら溶け出し錆から守る「犠牲防食」と、アルミが表面に「酸化被膜」を作り錆から守る作用が一体となり、自己修復作用が働きます。ただし、鉛や胴と接触すると、電食作用により錆が発生するので注意が必要です。耐久年数は、メンテナンスにより約30年となります。
  • どのような用途で建物を建てられるか?
    工場や物流センターをはじめ、物販店、スポーツ施設など大半の低層非住宅建築物に対応しております。中柱の無い大空間を必要とされるお客様に向いています。複雑な形状や特殊な意匠でも対応可能ですが、標準化という意味では価格や納期面で難しくなってしまう場合がございます。詳しくは弊社の営業担当者にお尋ねください。
ご不明点・ご質問ありましたらお気軽にお問い合わせください!
ご相談・お見積もりは 無料!

\相談・ご質問はこちら/

この製品について問い合わせる

\ご購入を検討している方はこちら/

この製品について見積もりを請求する