Q&A | テント倉庫・テントハウスの太陽工業株式会社

テント倉庫・テントハウスのレンタルやご注文は「太陽工業株式会社」

03-3714-3315
  • テントは建築物として取り扱われますか?

    一般建築物同様、建築基準法・消防法に基づく申請が必要になります。
    (各行政の条例の考慮が必要になる場合があります。)

  • 建築確認等申請業務はどうすれば良いですか?

    当社でご購入の場合、業務の一環として申請代行業務を請負います。その際、最新の確認申請書、地盤調査資料等々のご協力をお願い致します。

  • 計画にあたっての注意点はありますか?

    一般建築物と同じ制約、規制がかかります。ご計画敷地の防火指定/建ぺい率/ご計画建物の配置/内容物/消防設備等の情報によってご計画規模等が定まるため各情報を整理下さい。

  • “テント倉庫”はどれくらいの規模まで対応可能ですか?

    国土交通省告示第667号(テント倉庫基準)に適合する建築物となります。開口30m・軒高5m・総面積1000㎡までの中で自由にアレンジ可能です。※用途はあくまで「倉庫」限定となります。

    関連リンク:フローチャート

  • 倉庫用途以外や床面積1000㎡以上等の規模で計画する場合対応可能ですか?

    国土交通省告示第666号(膜構造建築物)に適合する建築物となります。用途は倉庫から工場・作業場・店舗・スポーツ施設等にご使用いただけます。規模につきましては用途により異なります。詳しくはフローチャートをご確認下さい。閉鎖型は最大3000㎡まで可能です。

    関連リンク:フローチャート

  • 営業倉庫でも対応可能ですか?

    第1類営業倉庫にも対応可能です。
    準耐火仕様テント倉庫 及び 弊社製品「ハイブリッドテント倉庫」にて対応致します。

    関連リンク:不燃膜材 HBテント倉庫

  • 夏の倉庫内は暑くなりませんか?

    屋根膜にホワイト系の酸化チタン膜材を選んでいただけば、光の反射率が高く、熱エネルギーを持ちにくいため庫内温度の上昇を軽減します。 また内張や換気扇との併用で外気温度と同程度にすることは可能です。 庫内での作業にはシーリングファンが効果的に体感温度を下げます。(実温度△3~5℃)

    関連リンク:シーリングファン 酸化チタン

  • 保管物の温度管理は可能ですか?

    断熱内張膜と空調機を組み合わせた「C&W」という保冷定温テント倉庫で対応できます

    関連リンク:C&W

  • 建物の防犯性は如何ですか?

    「ハイブリッドテント倉庫」なら外壁がガルバリウム鋼板製となっており、テントの明るさはそのままに高い防犯性と耐久性を有しています。コストを抑えた「ハーフハイブリッドタイプ」もラインナップしています。

    関連リンク:HB 実績集

  • テント倉庫は地震には大丈夫ですか?

    テント倉庫は国土交通省告示の技術基準を満たした上で、在来建築よりも軽量な構造を実現しています。 横揺れや縦揺れに建物自体が追随しますので十分な耐震性を持っています。

  • 強風地域や多雪地域でも建設可能ですか?

    地域毎に法的に定められた風荷重及び積雪荷重の基準に合致した設計を行いますので全地域対応可能です。

  • 膜材の寿命(耐久性)と張替検討時期について教えてください。

    一般的なテント倉庫用膜材ではおよそ10年以上お使い頂いております。高耐膜(樹脂量の厚い膜やガラス繊維を使用した膜)ではおよそ15年以上お使い頂いております。(ご使用環境により変動はございます)弊社の膜劣化診断システム「TACS」というアフターケアサービスにより、お使いの膜材の劣化状態を診断し、お張替時期をご報告をさせていただくことが可能です。

    関連リンク:TACS

  • どのようなオプションをつけられますか?

    照明(LED)/換気扇/消防設備/雨樋/汚れなカッター/排煙窓/サッシ窓マンドア/シートシャッター/電動シャッター/クレーン/シーリングファン/エスコートレール等々

  • テント倉庫の坪単価を教えてください

    スケールメリットが出る建物です、建物だけだと500㎡くらいで標準地域なら坪10万以下で十分建築可能ですが、間口や要求される仕様によりますので営業マンにお尋ねください。

  • 納期は発注してからどれくらいの日数がかかりますか?

    ※この表下をご確認下さい

  • 工事の範囲はどこまでですか?

    基礎工事から本体工事及び外構工事、付帯設備工事まで全て施工可能です。
    その他にもご要望がございましたらお申し付けください。

  • テント倉庫に杭工事は必要ですか?

    基本的に必要ありません。
    テント倉庫は一般的に屋根構造が軽量なので、柱に発生する力が少なく軟弱地盤でも杭工事が不要となります。
    (地盤調査データを元に安全性を考慮し地盤改良する場合はございます)

  • 他社製テント倉庫の張替は可能ですか?

    はい、対応可能です。

  • 既存テント倉庫の移設は可能ですか?

    対応可能です。移設先で新たに基礎工事、構造的に現行法規に合致しているか、
    また膜材は劣化状態を確認し継続使用可能か等の判断は必要となります。

  • テント倉庫のレンタル・リースはありますか?

    対応可能です。詳しくは関連リンクをご覧ください

    関連リンク:レンタルとリースについて

  • テント倉庫の中古買取はありますか?

    まずはご相談下さい。状態等により再利用可能である等の判断が必要な場合がございます。